再婚禁止期間と父の推定

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

再婚禁止期間と父の推定

民法733条は、女性は離婚の日から6カ月経過しなければ再婚できないと規定する。一方、民法772条は(1)結婚後200日を経過して生まれた子は現夫の子と推定する(2)離婚後300日以内に生まれた子は前夫の子と推定する――と規定。もし離婚後すぐに再婚して200日たった後に子が生まれた場合、前夫も現夫も重複して父として推定されてしまう。少なくとも100日間の再婚禁止期間があれば重複は避けられるため、1996年に法制審議会は6カ月から100日への短縮を答申している。

(2015-11-04 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android