コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

再審と白鳥決定

1件 の用語解説(再審と白鳥決定の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

再審と白鳥決定

再審は確定した有罪判決に重大な誤りがある場合に、裁判をやり直す手続き。刑事訴訟法は「無罪を言い渡すべき明らかな新証拠が見つかった」などの理由があれば、再審を請求できるとしている。かつては「開かずの扉」とも言われたが、1975年に最高裁が「白鳥決定」で、「疑わしきは被告人の利益に」という原則を再審にも適用するとの判断を示し、流れが変わった。80年代には「財田川」「免田」「松山」「島田」の4事件で再審無罪が相次いだ。近年では足利事件布川事件で再審無罪が確定している。

(2012-06-07 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

再審と白鳥決定の関連キーワード再審再審無罪判決確定判決再審抗告死後再審免田事件鹿児島・富山の無罪・冤罪事件再審開始決定枚方談合事件再審制度

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone