コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

再審制度

1件 の用語解説(再審制度の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

再審制度

冤罪を防ぐため、確定した判決を再び審理して見直す刑事訴訟法で定められた制度。無罪を証明するような新しい証拠が見つかったり、証拠がウソだったことが分かったりしたときなどに裁判所に再審開始を請求できる。裁判所の開始決定が確定すれば、通常の裁判と同様、公開の法廷で再審公判が行われ、判決を出す。

(2010-08-30 朝日新聞 朝刊 鹿児島全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

再審制度の関連キーワード中間判決併合罪確定判決泥除け掛襟公開審理主義差戻し判決土留部分判決の仕組み富山、鹿児島両県警の冤罪・無罪事件

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

再審制度の関連情報