コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

再生可能エネルギー固定買い取り制度

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

再生可能エネルギー固定買い取り制度

自然の力を使って発電した電気を一定期間、あらかじめ決められた価格電力会社がすべて買い取る制度。太陽光のほか、風力地熱、中小型の水力バイオマスの5種類が対象で、買い取り価格は年度ごとに見直される。福島第一原発の事故で関心が高まった再生可能エネルギー発電の普及を促す狙いで、2012年7月に始まった。電力会社が買い取る費用は電気料金に上乗せされる。

(2014-03-03 朝日新聞 朝刊 大分全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

118番の日

1月18日。海上保安庁への緊急通報用電話番号である「118」の啓発活動を行い、海の安全確保に努める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

再生可能エネルギー固定買い取り制度の関連情報