コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

再生砕石

1件 の用語解説(再生砕石の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

再生砕石

建物の解体、改築などで出た廃材のコンクリート塊などを、一定の大きさに砕いた製品。解体業者から破砕業者に廃材が持ち込まれ、年間約4100万トン(国土交通省調べ)生産される。屋根や壁に使われるスレート材は2004年以前はセメントに石綿を混ぜてつくられたため、再利用される廃材に紛れ込めば再生砕石として出回ることになる。

(2010-12-01 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

再生砕石の関連キーワードPC生コンクリートコンクリートブロックサーモコンクリートコンクリートスラブグランドコンクリートスタンプコンクリート防湿コンクリート

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

再生砕石の関連情報