再生砕石

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

再生砕石

建物の解体、改築などで出た廃材のコンクリート塊などを、一定の大きさに砕いた製品。解体業者から破砕業者に廃材が持ち込まれ、年間約4100万トン(国土交通省調べ)生産される。屋根や壁に使われるスレート材は2004年以前はセメント石綿を混ぜてつくられたため、再利用される廃材に紛れ込めば再生砕石として出回ることになる。

(2010-12-01 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android