再販売価格維持制度(再販制度)(読み)さいはんばいかかくいじせいど

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

再販売価格維持制度(再販制度)

メーカーが卸売業者や小売業者に対して、商品の販売価格を指定し守らせるしくみをいう。自由競争を阻害する不公正取引に当たるものとして、基本的に独禁法で禁じられている。 ただし、書籍や雑誌などの著作物については、例外として再販が容認されている。なお、著作物を再販商品として卸すかどうかは、出版社の意思による。

出典 ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android