コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冢田大峯・冢田大峰 つかだたいほう

大辞林 第三版の解説

つかだたいほう【冢田大峯・冢田大峰】

1745~1832) 江戸後期の儒者。名は虎、字あざなは叔貔しゆくひ、通称、多門。信濃の人。貧窮の中で独学。寛政異学の禁に反対を唱える。のち尾張藩校明倫堂督学となり、自説を教授。著「聖道得門」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

冢田大峯・冢田大峰の関連キーワード自説貧窮儒者多門

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android