冢田大峯・冢田大峰(読み)つかだたいほう

大辞林 第三版の解説

つかだたいほう【冢田大峯・冢田大峰】

1745~1832) 江戸後期の儒者。名は虎、字あざなは叔貔しゆくひ、通称、多門。信濃の人。貧窮の中で独学。寛政異学の禁に反対を唱える。のち尾張藩校明倫堂督学となり、自説を教授。著「聖道得門」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android