冨田 勇太郎(読み)トミタ ユウタロウ

20世紀日本人名事典「冨田 勇太郎」の解説

冨田 勇太郎
トミタ ユウタロウ

大正・昭和期の銀行家 満州興業銀行初代総裁。



生年
明治16(1883)年8月12日

没年
昭和21(1946)年2月24日

出生地
福岡県

学歴〔年〕
東京帝国大学法科大学政治学科〔明治41年〕

経歴
大蔵省に入り、大正5年理財局国債課長、7年国庫課長を経て、13年理財局長に就任。以後、10年間に渡って同職にあり、西原借款整理金融恐慌の沈静化、金解禁・再禁止の処理など、経済的混乱の中で金融行政に携わる。昭和11年満州興業銀行初代総裁に転じた。また20年大蔵省財政顧問を務めた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる