コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冷凍倉庫課税ミス

1件 の用語解説(冷凍倉庫課税ミスの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

冷凍倉庫課税ミス

5月に名古屋市で発覚し、県内では7月11日、静岡市と浜松市で表面化した。名古屋の問題を知った静岡の倉庫所有者が市に問い合わせたのが発端だった。その後、静岡市、浜松市などは地方税法の規定に従い5年分を返還していたが、8月4日にミスを公表した沼津市は「市固定資産税過誤納金補填(ほてん)金支払要綱」に基づき10年分の返還を実施。以後発覚した市はほとんど要綱を適用している。冷凍倉庫は一般の倉庫に比べ消耗が激しく耐用年数が短いため、1964年に一般倉庫との区分けが行われ、減価償却率が高めに設定され、一般倉庫だった時に比べ固定資産税や都市計画税が安くなった。しかし、自治体の担当職員に「区分」の認識がなかったり、一般倉庫のまま登記されたりしていたため、一般倉庫として課税していたという。

(2006-09-10 朝日新聞 朝刊 静岡 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone