コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

凌風海山 りょうふうかいざん

日本の地名がわかる事典の解説

〔宮城県〕凌風海山(りょうふうかいざん)


宮城県金華(きんか)山の東方約390kmにある海山。水深2820m。北西太平洋海盆の北西部にあり、周辺は水深5000~5500mの深海。南西約110~160kmに望星(ぼうせい)海山・磐城(いわき)海山がある。アメリカ調査船ベアード号が発見、気象庁の観測船・凌風丸が精測。1966年(昭和41)に命名された。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

凌風海山の関連キーワード北西太平洋海盆磐城水深

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android