コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

凡て・総て・全て すべて

大辞林 第三版の解説

すべて【凡て・総て・全て】

〔動詞「統ぶ」の連用形に助詞「て」の付いたもの〕
( 名 )
全部。みんな。 「関係者-が賛成した」 「事件の-を詳しく報道する」
( 副 )
一つも残りがないさま。ことごとく。全部。 「問題は-解決された」
一般的にいって。大体。総じて。 「 -これはもろもろにまさりていみじう時めき給へば/栄花 花山
(下に打ち消しの語を伴って)全然。まったく。一向に。 「山にこもり水に入りて-人を近づけず候/著聞 12

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報