凡・梵・煩・盆(読み)ぼん

大辞林 第三版の解説

ぼん【凡・梵・煩・盆】

【凡】 [音] ボン ・ハン
すべて。おしなべて。 「凡百・凡例はんれい
ありふれている。なみの。世俗の。 「凡器・凡愚・凡骨・凡才・凡人・凡俗・凡夫・凡庸・非凡・平凡」
【盆】 [音] ボン
はち。浅い植木鉢の類。 「盆景・盆栽・盆石」
おぼん。物を載せる平たい器。 「茶盆」
「盂蘭盆会うらぼんえ」の略。 「盆礼・盆供養」
【 梵 】 [音] ボン
梵語 Brahman (清浄の意)の音訳字。 「梵刹ぼんせつぼんさつ)・梵天」
天竺てんじく(インド)・仏教に関する物事に冠する語。 「梵音・梵行・梵語・梵妻・梵字・梵鐘・梵唄ぼんばい・梵文」
【煩】
⇒ はん〔煩〕 [漢]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android