コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

凱旋式[古代ローマ] がいせんしき[こだいローマ]triumphus

1件 の用語解説(凱旋式[古代ローマ]の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

凱旋式[古代ローマ]
がいせんしき[こだいローマ]
triumphus

共和政期,外敵を 5000人以上殺し,戦勝して帰還したインペリウム (命令権) をもつ将軍に許され,4頭立ての戦車でカピトリヌス丘ユピテル神殿まで行進した。資格制限は次第にゆるめられ,帝政期には皇帝,その家族の独占となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

凱旋式[古代ローマ]の関連キーワード田中藩田中藩牛久藩児童手当火力発電案分票土屋政直入江慎也鳥羽藩横須賀藩

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone