コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

凱旋式[古代ローマ] がいせんしき[こだいローマ]triumphus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

凱旋式[古代ローマ]
がいせんしき[こだいローマ]
triumphus

共和政期,外敵を 5000人以上殺し,戦勝して帰還したインペリウム (命令権) をもつ将軍に許され,4頭立ての戦車でカピトリヌス丘のユピテル神殿まで行進した。資格制限は次第にゆるめられ,帝政期には皇帝,その家族の独占となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

凱旋式[古代ローマ]の関連キーワードメセレト デファーグンダ ニーマンボブ デヨングクラウディア ペヒシュタインメセレト デファーマルティナ サブリコヴァクラウディア ペヒシュタイン田中藩田中藩ハイレ ゲブレシラシエ

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android