コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

凹い・窪い くぼい

大辞林 第三版の解説

くぼい【凹い・窪い】

( 形 ) [文] ク くぼ・し
〔「くぼ」 「くぼむ」と同源〕
周囲より低い。くぼんでいる。 「三吉は-・く掘下げられた崖を眼下めしたにして/家 藤村」 「田舎合子のきはめて大きに、-・かりけるに/平家 8
人並み以下である。ひけをとる。 「御推量の通り、-・い商売を致します/浄瑠璃・いろは蔵三組盃」
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

凹い・窪いの関連キーワード浄瑠璃

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android