出会う・出合う(読み)であう

大辞林 第三版の解説

であう【出会う・出合う】

( 動五[四] )
〔「いであう」の転〕
偶然に人や動物に会う。行きあう。遭遇する。 「二人が初めて-・った所」 「山道で熊に-・う」
ふと目にする。事件を体験する。目にとまる。 「こんな奇妙な文章に-・ったことはない」 「大事件に-・う」
出て行って相手になる。多く命令形で用いる。 「なう人殺しがある-・へ-・へ/狂言・胸突」
出て行って会う。特に男女がしめし合わせて会うことをいう。 「中二階にあがれば樽屋-・ひ/浮世草子・五人女 2
[可能] であえる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android