出口 伊佐男(読み)デグチ イサオ

20世紀日本人名事典の解説

出口 伊佐男
デグチ イサオ

大正・昭和期の宗教家 元・大本教総長。



生年
明治36(1903)年

没年
昭和48(1973)年5月6日

出生地
愛媛県

別名
別名=宇知麿,宇知丸,うちまる

学歴〔年〕
八幡浜商業中退

経歴
大正7年京都府綾部の大本教本部に奉仕、教主出口王仁三郎の近侍となった。12年大本エスペラント研究会(大本エスペラント普及会)発足と同時に同会会長。13年王仁三郎の三女八重野と結婚、出口家に入り、同教教主補佐となった。昭和10年第2次大本教弾圧事件で検挙され、治安維持法違反で起訴されて6年8カ月未決拘留、17年第2審で無罪となった。戦後21年愛善苑として大本教が再発足して委員長、24年大本教愛善苑総長、27年大本総長となった。この間24年に世界連邦建設同盟副会長、25年ジュネーブの第1回世界連邦世界憲法制定会議に出席、38年世界連邦世界協会理事となった。また28年中国系の宗教、道院の東瀛副統管となり、31年にはベトナムのカオダイ教に招かれるなど、世界の諸宗教との交流に尽力、46年同教外郭団体人類愛善会会長となった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android