出版取次事業

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

出版取次事業

出版社から仕入れた本や雑誌を自社の倉庫などに保管し、全国の書店やコンビニに卸す。日本出版販売トーハンの大手2社の合計売上高(連結)は約1兆2千億円。楽天が今回担うのは、大手取次会社と書店をつなぐ、いわば2次取次の仕事。

(2012-09-08 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android