コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出版流通の仕組み

1件 の用語解説(出版流通の仕組みの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

出版流通の仕組み

書籍は一般に取次会社を経て、出版社から書店が仕入れる委託販売制の場合、書店の仕入れ値は定価の77~78%。定価との差額の23~22%が粗利益。売れ残りは仕入れ値と同額で出版社に返品できる。岩波書店など一部の出版社は返品を受けない「買い切り制」が原則。取次会社は本が売れたら定価の8%前後を出版社から受け取る。

(2009-06-22 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

出版流通の仕組みの関連情報