出生数の推移

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

出生数の推移

その年に生まれた子供の人数を示す出生数は、第2次ベビーブームだった1973年の約209万人を境に、減少傾向が続いている。今の高校3年生の多くが誕生した89年は約124万人。2005年は約106万人と、団塊の世代による1949年のピーク時、約269万人の4割ほどに減っている。

(2007-07-08 朝日新聞 朝刊 新潟全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android