コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

函館市の西部地区

1件 の用語解説(函館市の西部地区の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

函館市の西部地区

函館市は、函館山のふもとから駅前周辺までの20町を西部地区と呼び、うち弥生町、大町など7町の約120ヘクタールを「都市景観形成地域」に指定している。キリスト教の教会群など歴史的な建造物が多く、観光客にも人気だ。同市都市デザイン課によると、2010年国勢調査では同地区における高齢者(65歳以上)の構成比は36.2%で、市全域の高齢者率(27.5%)より高かった。「都市景観形成地域」対象の7町の空き家調査で、「解消されていない空き家」は調査開始の2003年は154件だったが、13年は234件と増加している。

(2013-09-23 朝日新聞 朝刊 北海道総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

函館市の西部地区の関連キーワード函館市北海道函館市青柳町北海道函館市大町北海道函館市末広町北海道函館市浜町北海道函館市水元町北海道函館市元町北海道函館市山の手北海道函館市湯川町北海道函館市若松町

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone