コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

函館市立弥生小学校

1件 の用語解説(函館市立弥生小学校の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

函館市立弥生小学校

1882(明治15)年、公立弥生学校として創立。石川啄木が教壇に立ったのは公立弥生尋常小時代の1907年6月から約3カ月で、木造校舎だった。明治末期から昭和30年代までは同校周辺が函館市の中心街だった。評論家亀井勝一郎、「丹下左膳」を林不忘の筆名で書いた作家長谷川海太郎直木賞作家今東光(転校)、喜劇役者益田喜頓など多くの著名人が輩出している。2009年、隣接する西小と統合され、学校名は「弥生小」が存続した。児童数250人。

(2010-01-15 朝日新聞 朝刊 北海道総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

函館市立弥生小学校の関連キーワード吉岡弥生公立学校尋常中学校神宮皇学館幹部候補生学校防府高等女学校防府中学校イスラム神学校と公教育へき地学校佐香ハル

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone