コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分かず わかず

大辞林 第三版の解説

わかず【分かず】

( 連語 )
〔四段動詞「分く」の未然形に打ち消しの助動詞「ず」の付いたもの〕
区別をしない。区別ができない。 「昼夜を-・ず作業する」 「老若を-・ず」 「文目あやめも-・ぬ闇」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

分かずの関連キーワード降り敷く・降敷くおせせの蒲焼き時を分かたず時分かず言の葉種分かたず親がる如かじ未然形分かぬ赤疱瘡何時文目顧み

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android