コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分かつ・別つ・頒つ わかつ

大辞林 第三版の解説

わかつ【分かつ・別つ・頒つ】

( 動五[四] )
分けて別にする。分割する。区分する。 「上下二巻に-・つ」 「貴賤を-・つ」 「斎食の時毎に飯を-・ちて鳥に施し/霊異記 下訓注
(「頒つ」とも書く)分けてくばる。分配する。 「実費で-・つ」
けじめをわきまえる。 「是非を-・つ」 「黒白を-・つ」 「清濁を-・ち/平家 3
[可能] わかてる
[慣用] たもとを-
[表記] わかつ(分・頒
「分かつ」は“分けて離す。見分ける”の意。「別つ」とも書く。「上下二巻に分かつ」「明暗を分かつ」「是非を分かつ」「袂たもとを分かつ」  「頒つ」は“分けて配る。分配する”の意。「会員にだけ実費で頒つ」「勝利の喜びを頒ち合う」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone