コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分け・別け わけ

1件 の用語解説(分け・別けの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

わけ【分け・別け】

分けること。また、分けたもの。
勝負がつかないこと。引き分け。
村落の中の小区分。
区別。相違。 「乱世にならでは君子小人の-は見えぬぞ/中華若木詩抄」
食べ残し。 「蒲鉾の-をすてたる祇園会の跡/徳和歌後万載集」
芸娼妓などが、稼ぎを抱え主と折半すること。また、その芸娼妓。
花代が五分の女郎。 「端女郎は鹿恋かこいより下、みせ女郎といふなり。…位は一を壱寸とも、月がちともいふ。…又五を五歩とも-とも北むきともそろりともいへり/浮世草子・御前義経記」
勘定。支払い。 「道頓堀にての遊興の-の立ぬ事/浮世草子・永代蔵 5

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone