分子カプセル(読み)ぶんしカプセル(英語表記)molecular capsule

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シクロデキストリンなど,包接化合物を形成する分子。シクロデキストリン類は分子内に疎水性空洞をもっており,この空洞に見合う大きさの有機化合物の全部あるいは一部を取り込み,包接化合物をつくる。これがちょうど有機化合物をカプセルで包んだようになることから,分子カプセルと呼ばれる。分子カプセル中の有機分子は,取り込まれていない分子とは物理的,化学的に性質が異なる。たとえば香料分子をシクロデキストリンで包接すると,香料が気化しにくくなり,香りが持続する。また,酸化しやすい化合物は包接により酸化しにくくなる。医薬品は徐放性となり(→徐放剤),効果が持続する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android