分画・分劃(読み)ぶんかく

大辞林 第三版の解説

ぶんかく【分画・分劃】

( 名 ) スル
分割し区画すること。また、その区画。
混合物質を、それを構成する成分に分けること。または、分けられたそれぞれの成分。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぶん‐かく ‥クヮク【分画・分劃】

〘名〙
① 分割して区画すること。また、その区画。
※日本水土考(1700)「分画して以て三洲と作す」 〔管子‐明法解〕
② 銃砲の照準などに用いる角度の単位。
※歩兵操典(1928)第五六〇「三番は射向盤に所命の方向角を装し其分画を分隊長に報告し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android