コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分解能 [resolution] ブンカイノウ

音楽用語ダスの解説

分解能 [resolution]

シーケンサーやシーケンスソフトで表現できる一番短い長さの音符のこと。といっても絶対的な時間ではなく、4分音符を何分割することができるかという分割数で表す。4分音符といっても曲によってスピードが違うわけで、テンポが遅くなるほど分解能も粗くなる。パソコンで使われるソフトでは一時48のものがよく使われていたが、最近では「480」から「960」の高分解能が一般的になってきた。

出典 (株)ヤマハミュージックメディア音楽用語ダスについて 情報

分解能 [resolution]の関連キーワード高速液体クロマトグラフィー海上配備Xバンドレーダーγ線スペクトロメータ走査型近接場光顕微鏡超長基線電波干渉計エリオス偵察衛星合成開口レーダーXバンドレーダー気候変動観測衛星スペックル干渉法近接場光メモリー微分干渉顕微鏡毛細管電気泳動エシェル格子シーケンサー暗視野顕微鏡イオン顕微鏡レイリー限界レイリー規準ゲートタイム

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android