コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切り掛け・切り懸け・切掛け・切懸け きりかけ

大辞林 第三版の解説

きりかけ【切り掛け・切り懸け・切掛け・切懸け】

物を切る途中、また途中まで切ったもの。
柱の間に、板を横によろい戸のように張った板塀。目隠し用のもので、中庭の坪などに立てた。
のように作った、室内用の衝立ついたて。たてきりかけ。
御幣ごへいにつける紙四手かみしで
指物さしものの一。紙四手に似たもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

切り掛け・切り懸け・切掛け・切懸けの関連キーワードよろい戸紙四手板塀

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android