コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切り放し・切放し きりはなし

大辞林 第三版の解説

きりはなし【切り放し・切放し】

切りはなすこと。また、そのもの。
江戸時代、火災など非常の際に獄中の囚人を一時釈放したこと。きりはなち。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

切り放し・切放しの関連キーワード江戸時代きり切り火災なち囚人獄中

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android