コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切り欠き・切欠き きりかき

大辞林 第三版の解説

きりかき【切り欠き・切欠き】

接合のために材料の一部を切り取ってできた穴・溝・段付きなどの部分。集中応力が現れやすい。
材料力学の強度試験で、試験片の縁に切り込みを入れた箇所。
流量の測定のため、堰板せきいたに三角形または四角形の切り口をつけたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

切り欠き・切欠きの関連キーワード切り込み四角形試験片

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android