コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切り欠き・切欠き きりかき

1件 の用語解説(切り欠き・切欠きの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

きりかき【切り欠き・切欠き】

接合のために材料の一部を切り取ってできた穴・溝・段付きなどの部分。集中応力が現れやすい。
材料力学の強度試験で、試験片の縁に切り込みを入れた箇所。
流量の測定のため、堰板せきいたに三角形または四角形の切り口をつけたもの。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone