コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切り火・切火・鑽り火・鑚り火 きりび

大辞林 第三版の解説

きりび【切り火・切火・鑽り火・鑚り火】

ヒノキなどの堅い板にヤマビワなどの堅い棒を錐きりのようにもみこんで起こした火。また、火打ち石と火打ち金とを打ち合わせて起こした火。古代から行われた発火法の一。
旅立ちの人、仕事に出る芸人などに打ちかける清めの火。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

切り火・切火・鑽り火・鑚り火の関連キーワードヤマビワ火打ち石火打ち金ヒノキ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android