コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切り火・切火・鑽り火・鑚り火 きりび

大辞林 第三版の解説

きりび【切り火・切火・鑽り火・鑚り火】

ヒノキなどの堅い板にヤマビワなどの堅い棒を錐きりのようにもみこんで起こした火。また、火打ち石と火打ち金とを打ち合わせて起こした火。古代から行われた発火法の一。
旅立ちの人、仕事に出る芸人などに打ちかける清めの火。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

切り火・切火・鑽り火・鑚り火の関連キーワードヤマビワ火打ち石火打ち金ヒノキ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android