コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切り穴・切穴 きりあな

大辞林 第三版の解説

きりあな【切り穴・切穴】

歌舞伎の舞台にあけてある方形の穴。池などの穴、道具などのせり出し、幽霊・変化など超自然的なキャラクターの出入りなどに用いる。 〔花道七三に設けるものを、特に「すっぽん」という〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

切り穴・切穴の関連キーワードすっぽん