コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切り立つ・切立つ きりたつ

大辞林 第三版の解説

きりたつ【切り立つ・切立つ】

( 動五[四] )
岩・山・崖がけなどが、垂直に近い角度でそびえている。 「垂直に-・った岩壁」
( 動下二 )
斜面や崖がけなどを切り崩して、険しくする。 「東の岸を高く屛風の如くに-・てたれば/太平記 14
切りかかって追い立てる。 「信連が衛府の太刀に-・てられて/平家 4

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

切り立つ・切立つの関連キーワード信連

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android