コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切り紙・切紙 きりかみ

大辞林 第三版の解説

きりかみ【切り紙・切紙】

〔「きりがみ」とも〕
切った紙。また、紙を切って種々の形を表す細工。
奉書・鳥の子・杉原などの和紙を二つに折り、折り目どおりに切り離したもの。また、その紙に書いた手紙。半切り。 → 立て紙折り紙
〔「切紙免許めんきよ」の略〕 芸能・武芸などで、最初のゆるし。初等の免許状。切り紙に書きつけたのでいう。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

切り紙・切紙の関連キーワード鳥の子半切り奉書

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android