コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切り組み・切組み・斬り組み・斬組み きりくみ

大辞林 第三版の解説

きりくみ【切り組み・切組み・斬り組み・斬組み】

木造建築で、柱・梁はりなどを所定の寸法・形に加工し、組むこと。きぎみ。
能で、斬り合いの場面。「烏帽子折えぼしおり」「橋弁慶」「夜討曽我ようちそが」などにある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

切り組み・切組み・斬り組み・斬組みの関連キーワード木造建築夜討曽我橋弁慶

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android