コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切り組み絵・切組み絵 きりくみえ

大辞林 第三版の解説

きりくみえ【切り組み絵・切組み絵】

子供向けの一枚摺りの錦絵にしきえ。教育用でもあり玩具でもあった。絵双六や姉様絵など。切って組み合わせたり、多少の細工を施して用いることもあった。江戸後期から流布し、明治期まで続いた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

切り組み絵・切組み絵の関連キーワード絵双六

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android