コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切り落とし・切り落し(読み)きりおとし

大辞林 第三版の解説

きりおとし【切り落とし・切り落し】

江戸時代の劇場で、平土間に設けた大衆席。桝席ますせきとせず、客を何人でも詰めこんだので追い込み場ともいう。大入り場。 〔古くは舞台であった部分を切り落として作ったところからの名という〕
魚・肉などの切り身の半端な部分。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android