コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切り落とし・切り落し きりおとし

大辞林 第三版の解説

きりおとし【切り落とし・切り落し】

江戸時代の劇場で、平土間に設けた大衆席。桝席ますせきとせず、客を何人でも詰めこんだので追い込み場ともいう。大入り場。 〔古くは舞台であった部分を切り落として作ったところからの名という〕
魚・肉などの切り身の半端な部分。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

切り落とし・切り落しの関連キーワード大入り場

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android