コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切り金・切金 きりがね

大辞林 第三版の解説

きりがね【切り金・切金】

江戸時代、借金などの訴訟に負けた債務者に、分割で返済を行わせた方法。きりきん。
きりきん(切金)」に同じ。

きりきん【切り金・切金】

室町時代、鋳造された延べ金がねなどを必要に応じて切り取ってはかりにかけて貨幣として用いた金。竿金さおがね・板金ばんきん・延べ金などを切って使った。きりがね。
きりがね(切金)」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

切り金・切金の関連キーワード室町時代江戸時代延べ金債務者借金訴訟返済切金分割

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android