コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

刑法の国外犯規定

1件 の用語解説(刑法の国外犯規定の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

刑法の国外犯規定

刑法は国内での犯罪に適用すると定めたうえで、犯罪の種類などにより国外での犯罪にも適用すると規定。殺人を含む凶悪犯罪などの国外犯は従来、日本人が加害者の事件を対象にしていたが、03年の改正で、殺人や強制わいせつ、逮捕監禁、誘拐などに限り、日本人を被害者とする外国人の罪にも適用する規定を設けた。海外で日本人が事件に巻き込まれるケースの増加が背景にある。捜査当局は現地での強制捜査はできないが、捜査員を派遣して現地当局から情報を得たり、日本に戻った遺体を解剖したりできる。03年11月にイラクで奥克彦参事官ら外交官2人が殺害された事件では、警視庁司法解剖や銃撃された車の検証などをした。一方、80年代の「ロス疑惑」は改正前の国外犯規定により捜査が行われた。

(2008-03-07 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

刑法の国外犯規定の関連キーワード違警罪刑法国際犯罪属人主義属地主義少年犯罪刑法犯犯罪死犯罪収益国外犯処罰規定

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone

刑法の国外犯規定の関連情報