刑部梨子地(読み)ギョウブナシジ

デジタル大辞泉の解説

ぎょうぶ‐なしじ〔ギヤウブなしヂ〕【刑部梨子地】

蒔絵(まきえ)の技法の一。金箔を置いて梨子地漆で地塗りをし、刑部梨子地粉といわれる不整形の金銀粉末を置き、その上に梨子地漆を塗り重ねて研ぎ出したもの。江戸時代、漆工刑部太郎の創案といわれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎょうぶなしじ【刑部梨子地】

梨子地蒔絵まきえの一。梨子地漆の上に、刑部梨子地粉といわれる不定形の金銀粉末をすき間なく置いて、その上に梨子地漆を塗り重ね、研ぎ出したもの。江戸時代、蒔絵師刑部太郎の創案という。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

信用スコア

決済履歴や借り入れ情報などの個人データを分析し、各人の信用度を数値化したもの。スコアが高いほどローンの借り入れ、クレジットカードの利用、不動産契約、就職活動などで優遇される仕組みで、米国や中国では広く...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android