初めての裁判員選任

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

初めての裁判員選任

09年中に裁判員となるかもしれない候補者30万〜40万人が、08年秋に、有権者の中からくじ引きでリストアップされる。候補者には08年末までに、名簿に記載されたことを知らせる手紙が届く。実際に裁判員による裁判が始まるのは09年春の見通し。対象事件が起訴されると、初公判の約6週間前までに候補者50〜100人が呼び出される。公判初日の午前中に裁判長の面接を受け、辞退が認められた人や、不公平な裁判をするおそれがある人が除かれた後、6人がくじで選ばれ、裁判官3人とともに審理に臨む。

(2007-12-30 朝日新聞 朝刊 オピニオン1)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android