コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初・初心・産・生 うぶ

大辞林 第三版の解説

うぶ【初・初心・産・生】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
年が若く世間ずれしていない・こと(さま)。純情なさま。 《初・初心》 「 -な青年」 「 -で困るよ」
男女の情に通じていないさま。 《初・初心》 「まだ-な娘」
(「産」「生」と書く)
生まれたときのままであること。 「然らば汝おのれ-の匹夫下郎に違ひないな/浄瑠璃・奥州安達原」
自然のままであること。また、できたときのままであること。 「品が-で胡粉一つ剝げてないなんてものは/社会百面相 魯庵
名詞の上に付いて複合語をつくり、生まれたときの、生まれたままの、などの意を表す。 《産》 「 -着」 「 -毛」 「 -声」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android