初代市川団十郎(読み)いちかわ だんじゅうろう

美術人名辞典の解説

初代市川団十郎

江戸前期の歌舞伎俳優。江戸生。市川宗家。初名海老蔵、前名団十郎、俳名才牛、作者名三升屋兵庫、屋号は成田屋。『四天王稚立』の坂田金時荒事芸を創始、認められ、以後、金平浄瑠璃を応用工夫した荒事で名を高めたが、生島半六に刺され死去。著書に『参会名古屋』『源平雷伝説』等がある。宝永元年(1704)歿、45才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android