コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初代歌川国貞 うたがわ くにさだ

美術人名辞典の解説

初代歌川国貞

江戸後期の浮世絵師。江戸生。姓は角田、名は庄蔵のち肖造と改める。号に一雄斎・五渡亭・香蝶楼・一陽斎等。初代歌川豊国に入門し先師の名跡をついで二代豊国を名のるが、豊重がすでに二代豊国を襲名したため三代豊国となる。浮世絵師中最多の作品を遺し、江戸末期の浮世絵界を牽引した。元治元年(1864)歿、79才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

初代歌川国貞の関連キーワード歌川貞景(初代)歌川芳豊(初代)歌川豊国(4代)歌川豊国(初代)歌川国久(2代)歌川国輝(初代)二代歌川貞景五蝶亭貞升五蝶亭貞広豊原国周歌川貞虎歌川貞秀

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android