コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初代渓藤舎海丸 けいとうしゃ うみまる

美術人名辞典の解説

初代渓藤舎海丸

通称紙屋新右衛門。渓藤舎の祖(寛政頃)其男を順風軒沖丸(紙屋新蔵)と云う。又二世渓藤舎は静海庵磯丸が継ぐ。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone