コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初代談洲楼焉馬

美術人名辞典の解説

初代談洲楼焉馬

烏亭。狂名を野見釿言墨金・又桃栗山人・柿八斎と云う。江戸本所に住し大工の棟梁なり。狂歌戯作の外、落語を再興し『歌舞伎年代記』其他数部の著書あり。文政5年(1822)歿、80才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android