コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初期の青銅器と朝鮮系無文土器

1件 の用語解説(初期の青銅器と朝鮮系無文土器の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

初期の青銅器と朝鮮系無文土器

北部九州弥生文化特徴付けるのが剣、矛、戈(か)の武器形青銅器。直接は朝鮮半島に源流を持ち、最初は実用的な「細形」タイプで、徐々に祭祀(さいし)的性格が強まり巨大化していく。無文土器は渡来人の移住とともに持ち込まれた。諸岡遺跡(福岡市)や三国丘陵の朝鮮半島と同じものから、やがて土生(はぶ)遺跡(佐賀県)などでみられるような在地の土器の影響を受けた擬(ぎ)無文土器へと変わっていく。

(2012-05-15 朝日新聞 朝刊 福岡全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

初期の青銅器と朝鮮系無文土器の関連キーワード製品関連属性銅鉾邪馬台国弥生土器弥生時代繰り上げ説特徴付ける弥生文化ゴホウラ製腕輪職人気質[きしつ]佐原真

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone