初瀬 乙羽(読み)ハツセ オトワ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

初瀬 乙羽
ハツセ オトワ


職業
女優

肩書
新国劇幹部

本名
東海林 ヤエ

別名
旧芸名=初瀬 音羽

出身地
北海道

経歴
大正8年宝塚歌劇団に入り、初瀬音羽の芸名で活躍。昭和4年宝塚から他劇団に転出した第1号女優として新国劇に幹部で入団。辰巳柳太郎の“国定忠治”山形屋女房おれんなどの当たり役がある。58年夏に名古屋・御園座の杉良太郎公演を最後に舞台から遠ざかり、62年の新国劇解散前後から療養生活を送っていた。

没年月日
平成5年 9月19日 (1993年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android