初音 礼子(読み)ハツネ レイコ

20世紀日本人名事典の解説

初音 礼子
ハツネ レイコ

昭和期の女優



生年
明治41(1908)年1月22日

没年
昭和62(1987)年4月15日

出生地
兵庫県神戸市

本名
小南 艶子

旧姓(旧名)
武藤

学歴〔年〕
松蔭高女〔大正12年〕中退,宝塚音楽学校卒

経歴
大正14年宝塚歌劇団に入団。初音麗子の芸名で活躍し、昭和20年雪組組長を最後に退団。戦後は映画界に進み、「ホームラン狂時代」「カモとねぎ」など主に喜劇に出演。27年礼子と改名。32年宝塚新芸座に招かれて入座。のち座長となる。以来、舞台、テレビで典型的な“なにわ女”の役で人気を集めた。36年、60歳の時に実業家の小南覚次郎と結婚、話題になった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

初音 礼子
ハツネ レイコ


職業
女優

本名
小南 艶子

旧名・旧姓
武藤

生年月日
明治41年 1月22日

出生地
兵庫県 神戸市

学歴
松蔭高女〔大正12年〕中退,宝塚音楽学校卒

経歴
大正14年宝塚歌劇団に入団。初音麗子の芸名で活躍し、昭和20年雪組組長を最後に退団。戦後は映画界に進み、「ホームラン狂時代」「カモとねぎ」など主に喜劇に出演。27年礼子と改名。32年宝塚新芸座に招かれて入座。のち座長となる。以来、舞台、テレビで典型的な“なにわ女”の役で人気を集めた。36年、60歳の時に実業家の小南覚次郎と結婚、話題になった。

没年月日
昭和62年 4月15日 (1987年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android