コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

別子山[村] べっしやま

世界大百科事典 第2版の解説

べっしやま【別子山[村]】

愛媛県東部,宇摩郡の村。人口319(1995)。東流する銅山川上流域に位置し,北は法皇山脈,南は石鎚山脈の山々に囲まれる。平家落人の三兄弟によって開発されたという伝えが残る。江戸前期,泉屋(住友家)によって別子銅山が開かれると鉱山町として発展,明治期後半には人口1万2400余に及んだ。大正期には銅山の中心が西の現新居浜市域に移り,それまで中心であった地域は旧別子と呼ばれるようになった。旧別子と新居浜市側を結ぶ銅山越え一帯は銅山峰と称され,ハイキングコースとなっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

別子山[村]の関連キーワード自白石勒常陸大宮市歴史民俗資料館後趙石勒デマデス証拠孟子神戸空港木星

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android